自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
セラピストライフ

金柑の活用と食材の持つ力

きんかんが手に入りました。

鮮やかなオレンジ色ってほんと、元気がでますね!

皮ごところんと一口で食べれるきんかん。

そのままだとあっという間に食べ切ってしまう。

少しでも長く楽しめるようにと、マーマレードにすることにしました。

切ってみるとオレンジの果肉にピスタチオみたいなきれいなグリーン!
なんて可愛らしいの!

皮のざくざくとした歯ごたえは残したい。

ざくっと荒めにミキサーにかけてから、40%程度の砂糖を入れてコトコトコト・・・。
煮詰めること30〜40分。

天然の色と香り素晴らしさに圧倒されます。

さっそくヨーグルトに入れていただきました。苦味と甘味のバランスが絶妙です。

実は薬膳の観点からみても、いまの季節はきんかん、とてもおすすめなのです。

春をつかさどるのは樹木のエレメント。春先にここが突出して強くなると体内のエネルギー(気)の流れが欝滞し、頭痛や気持ちの昂り、火照りなどの不具合が出やすくなります。

滞った気の流れをなめらかにし、心を平穏におさめてくれるのがいわゆる柑橘系の果実たち。また、きんかんには痰を出しやすくしたり肺を潤す働きもあり、春先の風邪や花粉症の症状にも効果が期待できそうです。

そして、大食の私にとってもっとも嬉しいのが、きんかんの持つ「消食」の働き。

食を消す、と書いて しょうしょく。

文字通り、食べ過ぎて胃腸に滞った食材の消化をたすけ、スムーズなお通じを助けてくれる頼もしい味方です。

RELATED POST