自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
アロマセラピー

奇跡

セラピストとして活動していると、ときとしてほんとうに奇跡みたいな素晴らしい体験をすることがあります。

自分で意図して起こるわけではないのですが、そんなときに立ち会うと、この仕事の魅力をあらためて再確認します。

私はつねづね、心と身体の調和とスピリットの解放ということを目指してトリートメントをしているのですが、もともと最初からそんな風に考えていたわけではありません。

このブログのプロフィールでも書いていますが、心と身体の関連については漠然と理解していたものの、スピリットというものとそのかかわりをなんとなく意識し始めたのは、多くのクライアントと接し、いくつものケースを経たのちです。

過去のケースをご紹介しながら今日はそのへんのことを書いてみようと思います。

いま自分がなにをしたいのか、はっきりと分かった!

当時の私はまだまだ駆け出しのセラピストで、ケーススタディ(施術した人の記録)の数がようやく3桁に届こうかという頃。

そんなとき、これまで積み重ねて来たキャリアを投げ出す勢いで夢を追い、今後の行く道の最終段階について悩んでいた友人のトリートメントをすることになりました。

コンサルテーションでは

友人
友人
いまは何を見てもなにを読んでも感動しないし、何を食べても美味しくないし、ひどい便秘だし、もうなにも自分の中で動いてない感じがする

という彼女。

明らかに気力の萎えた様子で顔色も悪く、どこからどう見ても体中の流れが止まっているような印象を受けました。
これだけ流れが悪ければきっと何も入ってこないだろうし出て行くことも難しいだろうと思い、私は彼女のためにいくつかの精油を選んでブレンドし、丁寧にトリートメントを行いました。

トリートメントのあと数分感のメディテーションタイムを経て着替えを済ませた彼女は、私が部屋に入って行くと、気持ち良さそうに風にあたりながら窓の外を眺めていました。私は彼女がトリートメントに満足している様子なのを見て、同じように満ち足りた穏やかな気持ちを味わいました。

ところが、こちらを振り返った彼女がキラキラした目で発した言葉に、私は驚いてしまいました。

ほんとうにすっきりしたー!
私ね、自分がこの先なにをしたいのか、いまはっきりと分かったの!

それまで「肩や背中が楽になった」とか「呼吸が深くできるようになった!」とか身体の変化に対する反応はいただくことがあっても、自分がなにをしたいのか分かるようになったなんて、初めての反応だったので。

事実、彼女は文字通り解放されたようなすっきりとした顔をしていました。瞳は子供のように無邪気にキラキラ輝いて、血色を帯びてピンク色に上気した頰は、もともと色白の彼女をさらに魅力的に見せていました。

その後、なんだか急にお腹がすいて来た!という彼女と連れ立って遅めのランチに出たのですが、あれほど疲れ切って見えていたのが嘘のように、よく食べ、よく笑い、そして堰を切ったように色々なことを話していました。

トリートメントをありがとう。
生きてる実感があって、いまは目に映るもの、耳から聞こえるもの、すべてが身体にちゃんと入ってくるのが分かるよ。
あなたの言葉もすらすら入ってくるし、とても新鮮に聞こえる。
アロマのチカラってほんとに凄いのね!

私はなんだか身に覚えのないことに手放しで感謝されているような気分で若干の居心地の悪さを感じながら、なにが彼女をここまで変えちゃったんだろう??とアタマにいっぱいハテナを浮かべながら、彼女の話を聞いていました。

でも思いがけないリアクションをもらえたことに、同時に感激もしていました。

五官への刺激と解放

そのときはよくわからなかったのですが、その後立てた仮説です、あくまでも仮説なのですが・・・

彼女の中でほんとうの自分のしたいことと、すべきだと思っていることの折り合いがつかず、行き詰まってぐちゃぐちゃになったものが、身体の反応となって表れたのではないかと考えています。流れが止まれば何も入って来ないし出ても行かない。そういった状態が続くうち、心も疲弊して外からの刺激も受け取れなくなる。さらにぐちゃぐちゃが溜まる一方となる。
そんなとき、トリートメントや精油がなんらかのきっかけとなって作用したのでは・・・

なんというか、こういった目に見えず証明すらできないものってうまく説明できないですが、こういう形のないものをきちんと体系立ててあまつさえ学問にまでしちゃった先人たちってすごいなあーと尊敬します。統合医療の学校時代にお世話になった先生は、身体の緊張がほぐれることで思考がクリアになったりなにかのつっかえが取れたようになるのは、精神が心や身体の区別をつけていないからだというようなことを仰っていました。

でも、こういうことって、別に摩訶不思議なことでもなんでもなくて、ふだんの生活の中でも頻繁に起きているようなことなのです。

例えば、仕事で嫌な思いをしてなんだか悶々としていたけど、友達に誘われて海を眺めていたらすっきりさっぱりしちゃった、とか、ジムで思いっきり汗を流したらなんだかどうでもいいことに思えて来た、とか、美味しいもの食べたらなんかやる気が出たなあ、とか、カラオケで大盛り上がりしたら悩み事なんて吹っ飛んじゃったとか・・
・etc.

もちろんことの大小にもよるのですが、いずれも五官に働きかける様々な刺激が、それだけで人の心や身体を癒したりリフレッシュさせたり、なんらかのよい影響をもたらすのはほぼ間違いないと思います。

そしてそのときの友人にとっては、たまたま私が行ったトリートメントが大きく作用したのだと思います。
特にトリートメントで使う精油は、心や身体、さらには人の無意識(潜在意識)にまで働きかける底知れないチカラを持っていますから、その効果はまさに未知数といえるでしょう。

新たなスタート

その後、その友人は自分の夢を実現させるため、事業をおこしました。

彼女が自分の足で立ち上がり自分で行くと決めた道ですから、遅かれ早かれいずれは行き着くところだったのだとは思いますが、あの日のトリートメントが前に一歩踏み出すためのきっかけづくりであったとしたら、ほんとうに素晴らしいなあと思っています。

なにかもやもやがたまってアタマがすっきりしないようなとき、なにをやってもうまくいかないなあ、と感じるようなときは、思い切って一旦そこから離れ、五官を刺激し自分自身をリセットできるような手段をひとつ持っていると、ふたたび立ち上がるための大きな武器になると思います。

それは美味しい物を食べることでもいいし、山に登ってみることでも、海を眺めることでも、カラオケでもなんでもいい。

それでもなんだかスッキリしないなあというときは、トリートメントからのアプローチもおすすめですよ。

RELATED POST