自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
プラーナロマーナについて

大いなる可能性を秘めた局所的な対処法、バンデージ

当店ではスリミング(痩身)に関しては特に謳っていませんし、これからもその姿勢は変わらないとは思うのですが、お客様の中には何度か通ううちにサイズダウンされたり、1回の施術でもジーンズがゆるゆるになったり、という方は少なくありません。

「友人が急に痩せてキレイになったから問いただしたら、ここに通い出したからというから」と仰って最初からスリミング目的でみえた方もいらっしゃいました。

ただ流れが良くなれば排出も促されるわけで、これはあくまでも当店のオリジナルメソッド「バランスアップ・タッチセラピー」によって引き起こされた結果のひとつ。

当店の理念としては「スリミング」や「むくみ」といった、フィジカルな「状態」だけにフォーカスするのではなく、心と身体、エネルギーフローを含め、そのひと全体をまるごとケアすること。私としてはやはりそこに全力を注いでトリートメントを行っています。

このたびなんとなく気になって「International Medical Spa & Institute」の研修に参加してきました。コットンで織られたバンデージを局部的に巻き付けて圧迫し、余分な水分の排出を促す技術の習得です。

サロンへの導入は未定ですが面白い体験でした。

大中小の3つの横幅の違うサイズを使い分けて巻きます
整骨院でよく見ていた医療用のものとは伸縮具合が微妙に異なるようです。

局部的に圧を調節しながらバンデージを巻くことで、内側(筋肉・血管・皮下組織など)からの内圧を高めて太腿・ふくらはぎ・足首、腹部・ヒップ、前腕・二の腕などのスリミングを促す技術で、確かにこれだけでだいぶ脚は軽くなりますし、胸を開くように両肩を広げて巻くと首肩のコリにも効果がありそう。

ヒップアップの効果は未知数ですが、ヒップをまるく包んで骨盤がぐっとサポートされるホールド覚が、それだけでも心地いい。オイルトリートメントとの相乗効果で、これまでとはまた違った面白いセッションが作れるかもしれません。

ただ、圧をかけながらバンデージで圧迫するということは、バランスアップ・タッチセラピーの醍醐味でもある「解放」とは一時的に逆の作用をすることになるので、そこは慎重に検討したいと思います(結果的には同じことなんですけどね。でもゆるゆるうーっと溶けていく開放感を味わっていただいている間のバンデージは・・・うーん、どうかな)。

正式に導入することになればまたきちんとこちらでご案内をしますが、しばらくは私自身へのセルフケアの経過を見つつ検討したいと思います。

「スリミング」というワードに反応してしまった方(わかります、気になる季節ですもの)、ご興味のある方は個別にご相談くだされば、6月中ならお試しという明目で通常のセッションに組み込むことが可能です。

RELATED POST