自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
メニューについて

クリスタル・ジャーニーについて

根強いファンの多い、プラーナロマーナ独自のリーディングコース、クリスタルジャーニーのご紹介です。

使うのはナイーシャ・アーシァンによる「クリスタル・アライカード」。ご自身が選んだ4枚のカードから、その方の現在とこれから、過去から持ち越してきた課題やギフトを読み解いてご説明いたします。その後クリスタルを使ったヒーリングで癒しの光をあてていきます。

このコースの最大の特徴は、相談者自身が自己のハイヤーセルフとぴったりと繋がる点にあります。意識を肉体に保ったまま、相談者自身が自らの声でご自身の課題に気づいていく過程を、セラピストは案内役という形で見守ります。

内容について

55枚のカラフルなカードの中の数枚とともに、あなたの内側にフォーカスしていきます。

いわゆるカードリーディングと違うのは、お客様自身がカードから受け取るイメージのみをくみあげて意識にあげていくこと。

浮かび上がってくるのはあなたの人生の課題やギフト、あなた本来のかけがえのない輝きの種子です。

ジャーニーとは

「JOURNEY(ジャーニー)」とは、目的地に至る過程を指す意味として使われる場合があります。そこに至るまでの道筋自体が「旅」なわけです。至る過程を楽しむ、知る、といったところでしょうか。

このメニューのインスピレーションを受けたとき、「旅」という言葉がふっと浮かび、そうするべきだと思ったのでそのままメニューのタイトルに旅といれました。

でも実際にこのコースを体験された方から「ほんとうに旅に出て、新しい「いま」に帰って来たみたい」という感想をいただくにつれ、ああ、なるほどそういうことだったのか、と納得しています。

お客様よりいただいたご感想

クリスタル・ジャーニーを受けたお客様よりいただいたご感想の一部をご紹介します。一度受けると定期的にリピートしたくなるのもこのコースの特徴のようです。

ここまで人に自分の話をしたのは生まれてはじめてです。
すごくすっきりしました。
目に見えるものの色も違います。
クリスタルヒーリングの間は、スクリーンの前に座って自分が主役の映画を見ている夢を見ていました。
久しぶりに泣きました。
傷はもうとっくに癒されたと思っていたのですが。
これから時間をかけて過去の私を癒していこうと思います。
自分で話す自分の声を聞きながら、これは全部私だ、と思いました。
はじめてのサロンでここまで深く話をするとは思っていませんでした。
自分が話しているのですが誰かが勝手に話しているようでした。
これからもときどき受けたいです。
泣いてしまってすみません。
子供の頃の私は十分に満たされていたのだと思い出すことができました。
いま決めたら未来も明るくなるんですね。
最初に見た時は「なんだか怖いカード」と思ったのですが、いまはとてもすごく優しく感じます。部屋の壁に飾って眺めていたいです。
すごく面白かったです。
クリスタルヒーリングのとき寝ていたら、足元の方からうわーっと光があがってきて眩しくて、顔に照明をあてられているのかと思いました。でも目を開けてみたらなにもなくて、2度びっくりしました(笑)
光の力を味方につけて、とにかく動き出そうと思います!
RELATED POST