自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
ワークショップ

夏の終わりと秋の養生、日常生活の秘訣

昨日無事にサロンの明け渡しが完了いたしまして、本日より夏休み&充電期間に突入のプラーナロマーナではありますが、気づけばもうすっかり涼しいですね。

8月末にやってきた台風の影響で気温がぐっと下がったと思ったら、なんだかそのまま涼しさが居着いた気がしませんか。

まだまだ暑さはぶり返すだろうけど、涼しくなってきたこの時期にこそ、夏の疲れが出てきやすいもの。体調管理にはこれまで以上に気を配りたいところです。

人の身体も大自然の一部。

宇宙全体の動きと調和してバランスをとりながら機能しています。

春先や夏の終わりなど、風が強く吹いたり大雨が降ったりするのは、まさに移り変わる季節の変化で起こるアンバランスを立て直そうとして生じるもの。

そして都会に住んでいるとなかなか直接的な体験としては感じづらいですが、私たち動物も、雨風のおかげで豊富に育まれた自然の恵みをいただいて、生命を繋いでいるわけですね。

そんな季節の変わり目に、自分の身体の中で起きているアンバランスを読み取り、いち早く対処することで、スムーズに自然界の移り変わりに調和していこうとするのが中医学の考え方です。

その方法とこの時期の日常生活のコツを伝授する講座を、今月23日、久しぶりに行います。

当日は難解とされがちな陰陽五行説のわかりやすい解説と、猛暑を乗り越えた身体を立て直し、スムーズに季節を移行していくための秘訣をテーマに、120分間ノンストップでがっつりお話をする予定です。

会員向けの講座ではありますが、どなたでも参加できるオープン形式の講座です。

受講料もとてもお手軽で東洋医学の入門編としても十分楽しんでいただける内容となっています。

ご興味のある方はぜひ!

会場でお目にかかるのをたのしみにしています。

夏の終わりと秋の養生、日常生活の秘訣

【日 時】 平成29年9月23日(土)14:30~16:30

【場 所】 千代田区麹町区民館 (半蔵門線半蔵門駅または有楽町線麹町駅下車3分)

【参加費】 1,000円

【テーマ】 夏の終わりと秋の養生、日常生活の秘訣

前回は4年ほど前の12月に呼んでいただいて、そのときは確か冬の養生についてお話をしました。

思いのほかたくさんの方にお集まりいただいて、私の方がびっくりしたことを覚えています。

男性の多さにも驚きましたし、講義中にも質問がどんどんと発せられて、その熱心な聴講ぶりにこちらもついつい熱が入りました。

そして潜在的にこんなに多くの方が東洋思想に興味を持っているのだと知って、とても勇気付けられた体験でもありました。

また再び同じ場所で講義をさせていただけることは、私にとっても、どこか古巣に戻るような気持ちでいっぱいです。

当日がとても楽しみです。

RELATED POST