自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
ワークショップ

東洋医学の講座、終了しました

身振り手振り・・・笑

NPO法人アクティブシニアクラブ様主催の本日の講座、無事に終了いたしました。

ありがとうございました。

4年前に一度講座に立たせていただいたときに参加くださった方が今回また来てくださっており、わざわざ声をかけてくださったのも嬉しかったです。

今回も男性の参加者の方がたくさんご出席くださったのですが、前回同様、お酒や晩酌に関する質問をいただいたほか(この話題のときはほんとうにみなさん楽しそう)、心の病やカウンセリングに中医学を役立てるには?という非常に高度なご質問も飛び出しました。

心と身体を分けて考えないのが中医学のユニークな特徴です。

2時間という限られた枠の中で、しかも今回のテーマとはかなりかけ離れてしまうので十分な時間を解答に割くことができなかったのですが、私の中医学の恩師でドクターでもある恩先生は実際に鬱の治療を中医学の観点から行なっており、臨床データも数多く保持しています。

またいずれ機会があれば、こころをテーマにした講義がどこかでできたらと思いました。

最後に「日常生活を送る上でのコツや秘訣を一言でまとめると?」というような質問を受けて、このようにお話ししました。

まとめ
  • 東洋医学や中医学の知識を持って日常を生きることは、心身の健康を保つ上においてとても助けになります。
  • ただしそれを使いこなすためにはやはり、常日頃から意識を向けて自分の身体を知っておくこと。
  • 小さな変化にも気づくこと。昨日の自分との違いに気づくことです。

ありがとうございました。

RELATED POST