自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
セラピストライフ

小さな顔と内側が外側にあらわれるということ

SNSでのやりとりが手軽かつ即座に繋がれるため、もうこの数年の間にどんどん名刺をお渡しするという機会は減っているのですが、なんだかまたふと思いついて名刺を新しくしたくなりました。

いま表になっているこちら側がサロンの案内、反対側がセラピストSHiHOの名刺となっています。状況に応じて表にする面を変えてお渡しするスタイルです。

このカードには、両面を見ていただくとわかる人にはわかっていただける、ある「しかけ」を講じたのですが、これは実際に名刺を手に取ってくださる方に直接ご確認いただきたいと思います。お楽しみに。

サロンの案内はもっと色々並べていたオープン当初に比べたらかなりシンプルになりました。さらに思い切って電話番号もメールアドレスもすっぱり省略して、QRコードのみにしたおかげでさらにすっきりしました。

今回はじめて、私の施術の熱狂的なファンでいてくださる友人の強い勧めを受けて「小顔矯正」などというワードを入れてみました。

エネルギーがなんだとか、古い信念体系がなんだとか、ここでブツブツとつぶやいてはおりますが、やはり実際のところ、見た目の変化がわかりやすいビューティー系のコンテンツは人気です。

私がご提供している施術がちょっとよそにはないような独特な手技だということもあるのですが、これが目当てとおっしゃる方は多いです。

実際ほとんどの方が1回の施術で誰が見てもはっきりわかるほど、おめめぱっちり&ほっぺつるんの小さなお顔になりますが、ですがですが!

フェイスラインがたるるんっとなるのもキュキュッと引き締まるのも、何度もなんども繰り返し書いている通り、内側が外側にあらわれている単なる「反映」にすぎないのです。

つまりいいかえれば、なにを食べてなにを考え、なにを信じてどう生きているかということはもちろんのこと、過去の感情的産物や、信念体系、未消化のまま滞留させているエネルギーが、そのままお顔に現れているわけです。

だからこそ、いくら見た目のアンチエイジングやリフトアップが目的だとしても、メタフィジカルなエネルギーの部分を含め、全身のケアは必ずさせていただく、というのがプラーナロマーナのモットーなんです。

このへんのロジカルは施術前のお客様には熱っぽくご説明していますので(熱すぎるせいかうっすら後ずさりされることも・・・笑)、おかげでみなさまそのあたりのことはよーくご理解いただけているはずなのですが、それでもなお、施術が終わって鏡を覗き込んだときのご自身のお顔の変容っぷりに、やはり大抵の方は、ずこーんと物質的意識になられます。

ちょっとがっかり、でもまあいいか(笑)

実際は「いま見えてる見た目以上のことがあなたの内側で起きてるんですよー!全体の変化をにも気づいてくださーい」というところなのですが、やっぱり肉体、しかもお顔の見た目の変化は、女性ならココロときめくものだということも理解できます。

それにやはり、鏡に映った自分の顔を見て幸せになるってやっぱりいいものです。そういう形でもいいから自分自身を肯定する時間がどんどん増えていくなら素晴らしいことだとも思います。

本来常にそれが当たり前だといいなとは思うのですが、それでも「いつもは外出先のトイレで手を洗うような時も鏡に映った自分を見ないようにずっと下を向いているのですが、ここ数日は嬉しくて、意味もなく鏡を見てはニヤニヤしています」なんてメールをいただくと、私も人間ですからエゴが満たされて嬉しい気持ちになりますし。

さて、名刺は仕上げのデータチェックをしてから印刷手配にうつります。

ここ数年の間に、個人相手の印刷屋さんもかなり増えました。

私が印刷関連のお仕事をしていた頃は、小ロット印刷はオンデマンド印刷(しかもいまよりずっと高価で見た目も美しくありませんでした)が主流でしたが、いまは100部程度の小ロットからオフセット印刷が安価でできてしまうのですからほんと、ありがたいですよね。

RELATED POST