自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
セルフケア

多忙な時ほど時間を使って欲しいこと

ご相談を受けたりセッションでアイテムをお渡ししながら、その方にいちばんぴったりな方法でその方が「もとの状態」に戻るためのセルフワークをご案内しているのですが、こうおっしゃる方がとても多いんです。

わあ、楽しみです。さっそく実践してみます!
今度のお休みの日にでも!

私は大慌てで付け加えます。

今度のお休みなんて言ってないで、今晩寝る前にすぐやってみてください!

セルフワークの内容が、アロマを使った入浴法や、落ち着いて座って行う瞑想だったりするため、もしかしたら多忙を極めて「それどころじゃない」ときにはそんな気にもなれない、ということなのかもしれません。また、ひと段落ついてからご褒美的に落ち着いてゆったりと楽しみたい、という気持ちもあるのかもしれません。

その気持ちもよーくわかるのです。わかるのですが。

それってもしかすると、もらったドレッシングを「サラダを食べ終わったらさっそくかけてみます!」と言っているようなもの。その状況自体が普通じゃないってことに気づいて欲しいのです。

「忙」しいという文字を分解すると、「心」を「亡」くすというふたつのパーツが現れます。

つまり多忙を極めるほど、自分ではなくなる時間が増えていくということだと思うんです。

だからこそ、本来の自分を取り戻すための時間を、1日のうちたった数分で構いません。それがが難しければ数秒だって構わないんです。

自分のためのわずかな時間を確保することを、ぜひぜひおすすめいたします。

 

RELATED POST