四季と暦

小寒を迎えました

明けて5日。

今年の関東のお正月は比較的暖かでしたが、ここへきて冷え込みが厳しくなってきましたね。
二十四節気では 小寒 を迎えました。小寒は二十四節気の最初の季節。

冬至を堺に陽に転じた自然界の気がこれから徐々に盛り上がって行くのですが、小寒はそのいちばん最初のステップ。

日なたで感じるお日様はいくぶん明るくなった気がしませんか?

でもなぜ陽の気に転じたはずなのに寒さはこれからなんでしょう??

天明7年に出版された「暦便覧(太玄斎著)」という暦の解説書には

冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也

と書かれています。

つまり陽に転じ陰気に逆らうアンバランスな動き自体が冷えを呼ぶということ。

面白いですね。

さてさて、冬至を過ぎてさらに小寒を迎えてしまいましたが

ここから立春までの養生方法にはコツがあります、と前回お伝えしました。

次回はいよいよ、そのコツについてお話しします。

ABOUT ME
pranaromana SHiHO
pranaromana SHiHO
世界中からやってきたアロマとクリスタルとともに、相談者が自身の奥底に眠らせている固有の輝きに目覚めるサポートをしています。 その輝きを覆い隠しているものがあれば、その正体を探り、癒しの光を当てていきます。 IFPAアロマセラピスト/国際中医師・国際中医薬膳管理師/芳香・鉱物療術師/(一社)東京薬膳協会専属インストラクター
RELATED POST