お客様からのご感想

2月4日のワークにご参加くださった方からのシェア

だいぶたってしまいましたが(汗)、2月4日の合同ワークにご参加くださった方のご感想をシェアします!

遠隔のワークで物理的にやりとりがないためワークの様子を目で確認できないのですが、みなさま、その、ご感想やご意見までテレパス的な「遠隔」でくださって(笑)、でもやっぱりせっかく肉体があって目も耳も口もあるのだから、「言葉でください、メールでください」と催促しちゃいました。

まず最初に、LINEメッセージ口頭でお寄せくださった方のご意見のまとめです。

  • すごく高いところまで上がっていった感覚があった
  • ぽかぽかと暖かくなった
  • 太陽のエネルギーの粒子がとても細かかった
  • 地球は青ではなくピンクゴールド!
  • そのときはわからなかったが、数日経って、あ、これワークの影響かも!と思うことに気づき始めた

ありがとうございました。

以下、寄せられた感想文をシェアしますね(改行以外は原文のままです)

SHiHOさん

昨日は合同ワークありがとうございました

自宅が開放的な間取りなので、横になりスタートを迎えましたが愛猫に体の上に乗られたり、姉に身体を起きてー!と揺さぶられたり(笑)

ワークをしてるのは内緒にしてましたので、これ、大丈夫かな…という中で始めました

途中からいくつもの夢をパタパタと見ている感じで夢なのか現実なのか、でも意識がフッと遠のきました

起きた時は、何だったのー?この不思議な感覚‼︎という感じで途中から足先がじんわり暖かくなっていました

きっと太陽のエネルギーのお陰ですね

このメールを読んで、暖かかった理由がわかりました

ワーク後のメッセージはメモに書き留めました

宣言したので、あまり悩まず素直に進んでいこうと思います

長々ですが、感想でした♪

またワークの機会があれば参加したいです

ありがとうございました。

SHiHOさん

こんばんは。

昨日は合同ワークに参加させていただきありがとうございました。

私の感じたことは以下のような感じでしたので、シェアさせてくださいませ。

前半には、雲の上をすーっと極めてスムースに流れるように進んでいくイメージでした。

まるで自分が飛行機になったような気持ちで、機体の下の雲を見ているイメージ。大気圏はかなり上の方で高度は安定したまま進んで行きました。

行き先は、欧州、恐らくデンマークでした。少し視点が変わった瞬間があって、それが世界地図のようで自分の航路のような線が見えたのですが、ちょうどデンマークあたりに離陸しそうだったんです。

とにかく、飛んでいるときは、とっても気持ちが良かったのが記憶に強く残っています。

次に、地球からは、冷えたい、クールダウンしたいというような声が聞こえました。

その時私は深呼吸し口から息を吐き出したのですが、その息がとても冷たかったようで、地球が喜んでいました。私も、熱いスープを冷ますような気持ちで息を吐いたのを記憶しています。

太陽のエネルギーの受け取りかどうかは分からないのですが、最後の方に出てきたイメージの露出が印象的でした。

目の前にある立方体或いはそれ以上の多角体の展開図が、一面ずつ自分から遠くに向かってめくれるよう映像が広がっていきました。「見える画面がどんどん大きくなっていくー!」と左右上下をキョロキョロしながらも、なんだかワクワクしました。

その画面に映ったのが、ニューヨークのような大きな都市、或いはどこかの首都で、革靴で自分もその街の速度の中で歩いているような心地でした。信号機が見え、靴の音が聞こえました。人がせわしなくすれ違うような街でしたが、嫌な感じはしませんでした。

なんだかとりとめもなく書き連ねてしまいました。

余談ですが、会社で(注:ご同僚で合同ワークにご参加くださったお友達)さんとお話ししていたら、感じてたことがかなり近しくて震えました。笑

きっと、昨晩たくさんのエネルギーを使われたでしょうから、ゆっくりとおやすみになってくださいね!

しほさん

こんばんは。

先日はワークへ参加させていただきまして、ありがとうございました。

みなさんのように「意識がとぶ」などはありませんでしたが(笑)、寝転がってエネルギーを受け取った後、しばらく体がずっしりとして起き上がれませんでした。(今思えば体が重いというより、スポンジに水がしみこんで重い…みたいな感じなんですが)

さて、ワークの最後の辺りから、真っ白い木々と湖か広がり、ピンク色の水晶の山の光景が見え、少し遠くから1匹のこれまた真っ白い鹿がじーっと私を見ていました。

これらが消え行く後には紫色の光がさしていました。それからまたピンク色のマリア像のイメージが広がっていました。

最後は私が今、最も愛を交わしたい男性が向こうから歩いてきて、右手を差し出され、何やら私と向かい合いながら話していました。

綺麗な光景と、愛しい人が出てきて何とも「愛」に満ち溢れたビジョンでした。

明確にこれ!とはないのですが、とても静かで穏やかな時間でした。

よい機会をありがとうございました!

丁寧な感想文を送ってくださったみなさま、ありがとうございました。

一番最初の方の猫ちゃんのお話、実に興味深く拝読しました。

というのも猫ちゃんて、もちろん個体差はあるかもしれないですが、エネルギーとかスピリットにとても敏感で、そういう話をしていたり集まってワークをしていたりすると、近寄ってきたり自分も仲間入りして一緒に参加しようとしてきたりするんですよね。

もしまた猫ちゃんが次に乗っかってきたら、一緒にワークに誘ってみてください。

あと・・・こういうワークの時に限って、突然電話がかかってきたり、来訪者がやってきたり、急遽予定が割り込んできたりしてワーク自体を諦めなければならなくなるようなこともしばしば起きたりします。

実はこう言ったケースにもちゃんと意味があるのですが、詳しくはあらためて後日書きますね。

二番目の方へ。

一言、今後のご活躍に期待しています!

最後に、三番目の方がワーク後に感じた身体の重みですが、これはおそらく肉体に戻ってきたという感覚とそれに伴う実感では、と思います。

霊体は実量をともなわないためふわふわとどこまでも軽いのですが、陰の気の多い肉体に戻れば当然重さを感じますので。

ここで言う「陰の気」とは性質のお話です。
ご感想文に「水がしみこんで」とご自身でも書かれている通り、私たちの肉体は血液やリンパ液など、水をたっぷり含んでいます。そして実量があって下に沈むため「陰」、霊体は実体を持たず上に上がりやすいため「陽」なわけです。

さて、次回は来月、おそらく春分のタイミングでまた開催すると思います。

よろしければメルマガをチェックしておいてくださいね!

(体験談、感想文はこのあとも引き続き募集しています。なにか思い出したりしたことがある方はぜひー)

ABOUT ME
pranaromana SHiHO
pranaromana SHiHO
世界中からやってきたアロマとクリスタルとともに、相談者が自身の奥底に眠らせている固有の輝きに目覚めるサポートをしています。 その輝きを覆い隠しているものがあれば、その正体を探り、癒しの光を当てていきます。 IFPAアロマセラピスト/国際中医師・国際中医薬膳管理師/芳香・鉱物療術師/(一社)東京薬膳協会専属インストラクター