エッセンススプレーの作り方

悦2020シリーズをご注文の方には、空のスプレーボトルが同梱されています。

お送りするブレンドアロマはとエッセンスはお好きなようにお使いいただけますが、同梱したボトルでエッセンススプレーを作ることができます。

エッセンススプレーにするといいこと
  • アロマやエッセンスを瓶ごと全部持ち歩かなくてもいい
  • 好きな時にシュッシュっとスプレーするだけでいい
  • スプレーだから手が汚れなくていい
  • 原液を希釈するから長持ちしていい

アロマを希釈してしまうと効果が薄くなるのでは?とご心配される方もいらっしゃいますが、エネルギーワークで使う場合は気にしなくて大丈夫です。
スポーツマッサージやメディカルアロマなど、精油の物理的効果に期待して使用する場合はその濃度が重要視されることもありますが、エネルギーワークの場合はむしろ「薄ければ薄いほどよい」と主張する専門家もいるくらいです。

写真はBセットです

使うのはセットに同梱された

  • (A)空ボトル
  • (B)ブレンドアロマ
  • (C)エッセンス(Aセットは1本、BセットおよびCセットは3本)
  • (D)日付記入用ステッカー(写真なし)

そのほか、水と無水エタノールを準備してください。

それでは作り方いきまーす。

エッセンススプレーの作り方

  1. 同梱の空ボトル(A)に無水エタノール(3〜10ml)を注ぐ
  2. ブレンドアロマ(B) を数滴垂らし、ボトルを軽く振って精油 とエタノールをよく混ぜる
  3. 上から水(20〜25ml)を何回かに分けて注ぎ、一旦ボトルのふたを締めてよく振る(ボトルの容量が30mlなので、水の量は全体で30ml以内になるように調節してくださいね)
  4. 最後に同梱のエッセンス(C)を数滴垂らしてボトルをよく振って蓋をしめたら、付属のステッカーに今日の日付を書いて完成。
ご自身のセンスでどうぞ〜

全体が調和するまでしばらくおいてから使い始めます。

今の時期なら1ヶ月以内に使い切るようにしてください。

場の気を整えたいときはもちろん、ご自身の気の乱れを感じたとき(緊張した、動揺した、傷ついた)など、それから「ブレンドした惑星の力を自分の中に呼び起こしたい!」といったようなときに、シュッシュとスプレーしてお使いください。お出かけから帰った直後や自分ひとりの時間を過ごすとき、就寝前や起床時に使うのもおすすめです。

ご自身のエネルギーボディを整える目的で使う場合は、以下の方法をおすすめしています。

  1. ご自身の左肩、右肩、頭の上に1吹きずつスプレー(ぜんぶで3吹き)
  2. 胸の前で両手を合わせたら、そのままぐーんと伸びをするように真上に向かって両手を伸ばし、頭上で両手を左右に開く
  3. そのままゆっくりとオーラを撫で下ろすように両手を下ろし、空中に漂っているスプレーのミストを全身になじませる

香りのものですから周りに人がいる環境でのご使用は、周りの方への配慮をぜひ。

メモ
  • 無水エタノールは薬局で購入できます。
  • 無水エタノールの代わりにブランデーや日本酒で作ることもできますが、アルコール度数が低く精油がとけないため分離しやすくなり、またスプレーも詰まりやすくなります。
    ブランデーや日本酒でお作りになった場合は、ご使用ごとにしっかりとボトルを振ってよく混ぜて使うようにしてください。
  • スプレーに入れるのがエッセンスのみの場合(アロマを入れない場合)は、エタノールを入れる必要はありません。