ワークショップ

クリスタルとハーブとカラーの織りなすシンクロニシティ体験

今回はリクエストを受けて、サロンでも提供しているストーンセラピー、クリスタルセラピーについての実践の説明と、症例についてシェアリングをしました。

今回の私のトークの目玉は「石のお土産付き」。

最初はその方にぴったりの石をこちらで選んでプレゼントするつもりだったのですが、なんだかそれもつまらないよなあ・・・ということで、ランダムに並んだ中から気になるものを直感でひとつ選んでもらうというスタイルにしました。

すべてバラバラでオンリーワンの石ばかりだったのですが、不思議と誰も人とかぶらずに自分の石を見つけていました。

はじめて手にしたばかりの石のチューニング(ほかに言い方が思いつかないので勝手に私がそう呼んでいるだけなのですが)をお教えして終了。

めいめいが自分の石を手にして満足げに手のひらに握りしめただけで、だいぶリラックスして打ち解けたように講座の輪がぎゅっと縮まったのが印象的でした。

次のテーマ、カラーセラピーでは、めいめいが好きな絵柄をひとつ選んで自由に塗り絵タイム!

選んだ絵柄、形、色の塗り方、色を塗る順番、使った色や数などから、無意識の領域の傾向を探るためのワークです。

子どものように夢中になってクレヨンや色鉛筆を片手に黙々と1枚の絵を仕上げる参加者。

私もすっかり童心にかえって無邪気に楽しみました。

塗り終わった自分の絵を前に、気づいていなかった自分自身を指摘されて意外に思ったり「ああ、やっぱり」となったり、ちょっとニヤニヤしてしまったり。

最後に参加者の作品を並べて記念撮影。

せっかくだからと午前中に選んだ石をめいめいの絵の上に置いたのですが、よくよく見てみれば、見事なほどに塗り絵と石の色がシンクロしていました!

以下、いただいた感想の一部です(抜粋)

カラーもハーブもクリスタルもひととおり体験済みで知っているつもりでいたけど、今日はこれまでどこに行っても聞けなかった話がたくさん聞けて満足でした。

これまでクリスタルヒーリングなんて怪しいと思っていたけれど、興味が持てた。

好きだけど気恥ずかしくて選ぶことができなかった色の石を選び、その色で塗り絵をした自分を見て、これほどまでにこの色を欲している自分を発見した。

学ぶことが大好きで知識をたくさん溜め込んで来たけど、ここでたくさん刺激をもらってどんどん外に出て行こうと思った。

みなさん、ありがとうございました!

ABOUT ME
pranaromana SHiHO
pranaromana SHiHO
世界中からやってきたアロマとクリスタルとともに、相談者が自身の奥底に眠らせている固有の輝きに目覚めるサポートをしています。 その輝きを覆い隠しているものがあれば、その正体を探り、癒しの光を当てていきます。 IFPAアロマセラピスト/国際中医師・国際中医薬膳管理師/芳香・鉱物療術師/(一社)東京薬膳協会専属インストラクター
RELATED POST