目に見えないものを見る鏡
天然石の輝きは、鏡よりもクリアにあなたの内側を映し出します。
セルフケア

多忙な時ほど自分に戻るための時間を!

ご相談を受けたりセッションでクリスタルやアロマをお渡ししながら、その方にいちばんぴったりな方法でその方が「もとの状態」に戻るためのセルフワークをご案内しているのですが、こうおっしゃる方がとても多いんです。

わあ、楽しみです。さっそく実践してみます!
今度のお休みの日にでも!

私は大慌てで付け加えます。

今日からすぐに始めてください!

セルフワークとしてアロマや天然石を使う瞑想をおすすめすることが多いため、普段は忙しくてそんな気にもなれない、ということなのかもしれません。ゆっくり時間のあるときに、ちょっとしたご褒美的に楽しみたい、という気持ちもあるのかもしれません。

でも私がお渡ししているのは「日常をしばし忘れて休日をゆったり過ごすためのご褒美アイテム」ではないんです。

すぐ使っていただけるようにご用意していますから、手に取ったらすぐに使い始めていただきたいのです。

「忙」しいという文字を分解すると、「心」を「亡」くすというふたつのパーツが現れます。

つまり多忙を極めるほど、自分ではなくなる時間が増えていくということ。その状況が普通じゃないってことに気づいて欲しいのです。

ところが多くの現代人が、この状態をごく日常として暮らしています。過去の私もそうでした。

繁忙期には、深夜にタクシーで帰宅し、うわの空でシャワーを浴びて撃沈。翌朝は寝不足でもやのかかった頭を抱え、うわの空のままふたたび出社を繰り返す生活。とりあえず外に出ても恥ずかしくない服を着て歯を磨き、なんとか人間としての最低限を保つことで精一杯で、はっきり言って瞑想やらアロマやらの現実離れしたものに貴重な時間を使おうなどと思いもしませんでした。

でも不思議なことに自分をなくしはじめると、いつまでたってもそれを助長する動きしかできなくなるんですね。さらに自分から遠ざかっていく一方です。

そんな現状を知っているからこそ申し上げます。

忙しい方ほど本来の自分を取り戻すための時間を、1日のうち就寝前のたった数分で構わないから確保していただきたいんです。

それが難しいのなら、1分(※)だって構いません。たいせつなのは「私はいま、本来の私のものでないエネルギーをすべて脱して自分の中心に戻るのだ」という意図を持って息を吐き、身体を緩める時間を持つことです。

(※)例えば「5秒吸って10秒かけて吐く」という呼吸なら、1分あれば4呼吸できます。

就寝前、自分のためのわずかな時間がこれからとる睡眠の質を決め、明日の現実を作ります。

自分に戻るこの小さな儀式は、アロマやクリスタルがなくてもできます。多忙な方はぜひ騙されたと思って始めてください。

そう、いますぐにです。

 

ABOUT ME
pranaromana SHiHO
pranaromana SHiHO
世界中からやってきたアロマとクリスタルとともに、相談者が自身の奥底に眠らせている固有の輝きに目覚めるサポートをしています。 その輝きを覆い隠しているものがあれば、その正体を探り、癒しの光を当てていきます。 IFPAアロマセラピスト/国際中医師・国際中医薬膳管理師/芳香・鉱物療術師/(一社)東京薬膳協会専属インストラクター
RELATED POST