自分自身の
本当の姿を思い出す旅へ
ひとりごと

インスピレーション

スイートピーの花束をいただきました。

お客様
お客様

娘から贈られたのですが大好きな花なんです。
大好きなものですからほんとうに少しですがお裾分けです。

スイートピーの花束をいただきました。

えー、こんなにたくさん!

大好きなものを分けていただける幸せ。

大好きなものだからこそ人にも分けたいと思う気持ち。

とても嬉しいです。

わー、ありがとうございます!と言って、はた、と気付きました。

実は今日の昼間、出先で唐突に「あ、花瓶を買わなくちゃ」となんだか急にそんな気になったんです。

それで売り場に行って背の高いガラスの花瓶を手に取ったんです。でもまたすぐに思い直しました。

わたし
わたし

いやいや花瓶なんて・・・
いらないでしょ、なんでこんなこと思いついたんだろ。

結果、美しいスイートピーはいまコーヒーの空き瓶に生けてあります。

あのときつべこべ言ってないで花瓶、買っておくんだった。確かにあのとき手に取った花瓶はちょうどこの花束が品よくおさまるサイズのぴったりのものだったのに!

でも花瓶がなくたって、こんな可愛らしい花があるだけでこの場がほんとうに華やかになりますね。

嬉しくて何度も何度も眺めています。

今度またなんの脈絡もなくおりてきたときは、迷わず従ってみようと思いました。

RELATED POST