プラーナロマーナについて

私がセラピールームで当たり前にやっていて特別だと思っていなかったこと

セラピスト仲間から指摘されて気づいたのですが、私がセラピールームで当たり前にやっていて特別だと思っていなかったこと。

それはその日のお天気やお客様にあわせて、室内のレイアウトを変えるということです。

お客様ひとりひとりにあわせて、トリートメントの内容を変える、お飲み物の内容や温度を変える、室温やフットバスの温度を調節する、ということは私のところのようなプライベートサロンでは当たり前のことだとは思うのですが、私はその日のお天気や気温を加味しておみえになるお客様にあわせ、室内のレイアウトを変えることがよくあります。

ベッドやワゴンはもちろんのこと、ソファやテーブルもすべて簡単に移動できるようにセットしてあるため、ものの10分もあれば室内のレイアウトをすべてガラリと変えることが可能です。

トリートメント中はゆっくりおやすみになるのが目的の方の場合、たっぷりとおしゃべりを楽しまれたい方の場合、自然の風にあたりながら自然光の中でトリートメントを受けるのがお好きな方の場合、カウンセリングにたっぷりと時間をとってソファでゆっくりとお話をされたい方の場合、寒がりな方の場合・・・

前のお客様をお見送りした後、前の方の気配やエネルギーを完全にクリアにするために部屋の空気を入れ替え、床を水拭きし、次におみえになるお客様のことを考えながら、お出しするお飲み物の内容、室内の温度や湿度、シーリングファンの強弱や、ベッドやソファの位置や向きなどを限られた時間内で脳みそをフル稼働して判断し、セッティングを行います。

ご予約の時間には涼しい顔をしてお客様をお迎えしていますが、その数分前までは実は電話が鳴っても気づかないほどバタバタしています・・・笑

でもだからでしょうか。

お客様からよく「私が今日はじめてのお客ですか?」と聞かれることが多いのはそのせいかもしれません。ここはいつも新鮮で心地いい気に満ちて毎回新しい場所に来ているように感じます、と言っていただいています。

些細なことですが完全プライベートなサロンだからこそできるこんな工夫、気に入ってくださっていたら光栄です。

ABOUT ME
pranaromana SHiHO
pranaromana SHiHO
世界中からやってきたアロマとクリスタルとともに、相談者が自身の奥底に眠らせている固有の輝きに目覚めるサポートをしています。 その輝きを覆い隠しているものがあれば、その正体を探り、癒しの光を当てていきます。 IFPAアロマセラピスト/国際中医師・国際中医薬膳管理師/芳香・鉱物療術師/(一社)東京薬膳協会専属インストラクター
RELATED POST