ひとりごと

「オイルトリートメントは服を脱ぐのがめんどくさい」

ちょっと前に友人のセラピストに出張セラピーに来てもらったときのこと。

タイ古式マッサージからオイルトリートメント、チネイザン、足つぼなどなど、手技の多い彼女。

セラピスト友
セラピスト友
さーて、なんにする?なんでもいいよ!(腕まくりしながら)
SHiHO
SHiHO
んー、タイ式にしてもらおっかなー。
セラピスト友
セラピスト友
え、タイ式でいいの? オイルじゃなくて?
SHiHO
SHiHO
んー、オイルも気持ちいいんだけどなあ。
いや、やっぱタイ式にする。オイルは服を脱ぐのがめんどくさい。
あとマッサージベッドじゃなくて床でやってもらいたい。
セラピスト友
セラピスト友
なな、不精な・・・苦笑

 

素肌に直に触れてもらうオイルトリートメントの心地よさはそりゃあ格別だけど、脱いだり着たりの煩わしさや、ムダ毛とかアザとか、肌の状態を気にしたりしなくていい分、受ける方も気軽なんだよねー。

・・・なーんて思いながら、ふとよぎりました。

もしかしたらうちのお客様もそう思いながらいらしてたりして・・・??

実はオイルトリートメントを始める前は、整体とカイロプラクティックやドライハンドで行う着衣の施術をメインにやっていた私。

いまはもうやりたくもないですが、骨盤矯正なんてこともやったりしました。骨盤矯正したら、肩こり腰痛、膝の痛みなど歪みから来る痛みに効果あるし、それに痩せますよー、とかいう情報が流布しているらしく、女性には人気ありますよね。

話はそれたけど、そういうわけでオイルの心地よさと浸透力、単なる肉体という枠組みを超えたメタフィジカルな領域への影響力に開眼してからは、精油&オイルトリートメントがセッションの柱になっています。

オイルトリートメントの合間の飛び道具として、また外出時にオイルなどの持ち合わせがないときに短時間で効果的にケアする必要がある場合などに重宝している手技で日常的に使ってはいますが、サロンのメニューには置いてなかったなあ。

久々に着衣でゆるゆると施術を受ける側にまわりながら「服を脱がずに全身をくまなく緩める施術、あらたなメニューかオプションとして加えるのもありかも」なんてぼーっと考えていました。

もしかしたら通常メニューとしてではなく、キャンペーンとして期間限定でご提供する日がくるかもしれません。

詳細が決定したら改めてお知らせしますね。

ABOUT ME
pranaromana SHiHO
pranaromana SHiHO
世界中からやってきたアロマとクリスタルとともに、相談者が自身の奥底に眠らせている固有の輝きに目覚めるサポートをしています。 その輝きを覆い隠しているものがあれば、その正体を探り、癒しの光を当てていきます。 IFPAアロマセラピスト/国際中医師・国際中医薬膳管理師/芳香・鉱物療術師/(一社)東京薬膳協会専属インストラクター
RELATED POST